SuperFormula第3戦、菅生決勝レポート


メガライフバッテリー、国内最高峰レースへの挑戦。

スーパーフォーミュラ2019 Rd3 菅生。

メガライフバッテリーを装着している4台は、

DOCOMO TEAM DANDELION RACING

#1 山本 直貴 選手 1番グリッド

#5 福住 仁嶺 選手 6番グリッド

KONDO RACING

#3 山下 健太 選手 18番グリッド

#4 国本 雄資 選手 13番グリッド

からのスタート。

全20台が出場するスーパーフォーミュラは全て、ドライバーもチームも超一流。

そして決勝レースの結果を予測する事が、非常に困難なシリーズ。

「セーフティーカーが入っている最中にも、ピットインをして良い」

というルールの影響もあり、ピット戦略がレース結果に与える影響が極めて高く、たとえ出走順が下位だったドライバーに対しても、優勝のチャンスがある状況となっています。

加えて菅生は比較的燃費の良いサーキットということもあり、今回、チームによってはセーフティーカーが入る前提で無給油作戦を取っていました。無給油作戦を取ると ガス欠のリスクはあるものの、ピットロスを極限まで減らすことが出来ます。

その為基本的に上位勢は、リスクの少ない通常の作戦(レース中盤にピットイン)。

下位勢は、無給油作戦、といった構成。

そんな中でレースがスタートしました。

結果的には…

レース終盤、最後の最後でセーフティーカーが入り、

どちらの作戦を取ったとしてもあまり大差はなく、単純に決勝レース中の「スピードが速い」選手が速かった結果となりました。

メガライフ バッテリーを装着するチームは、

DOCOMO TEAM DANDELION RACING

#1 山本 直貴 選手が優勝!!

#5 福住 仁嶺 選手は5位!

KONDO RACING

#3 山下 健太 選手は6位!

#4 国本 雄資 選手は8位!

全車がポイントを獲得する結果となりました!!

そして優勝を、獲得することができました!

メガライフ バッテリーの挑戦はまだまだ続きます。

応援、ありがとうございました。

次戦は最高速が重要となる富士スピードウェイ。

熾烈な争いが続きますが、引き続き応援、よろしくお願いいたします!

軽量・長寿命・高出力、そして安全のメガライフ バッテリです!


29回の閲覧